〒371-0022 群馬県前橋市千代田町3-9-13
【問い合わせ】 info@donryu-market.or.jp

【呑竜雑学その2 「呑龍仲店」名前の由来】

残念ながら、呑竜仲店の名前の由来を明らかにする資料などは残されていません。しかし、当商店街の創設趣旨と立地より推考する事が出来ます。由縁は、群馬県民には馴染みの深い「上毛かるた」の「お」に詠われる「太田金山子育て呑龍」の呑龍上人です。

【呑龍上人とは】

呑龍上人とは、戦国時代から江戸時代前期の弘治2年4月23日(1556年6月2日)から元和9年8月9日(1623年9月3日)に実在した「子育て呑龍」の異名を持つ浄土宗の僧です。

弘治2年(1556年)に武蔵国埼玉郡新方領一之割村(現在の埼玉県春日部市)に生まれ、14歳で地元・林西寺(浄土宗)に出家しました。 若くして頭角を表し、宗派の最高学府である増上寺(東京都)でも学び、わずか18歳で“上人”という高僧の称号を得ます。 その後は、故郷の林西寺に加え大善寺(東京都八王寺)の住職を務めたり、栃木県佐野市にある宝龍寺や埼玉県本庄市の長福寺、神奈川県横浜市の来迎寺などを開山しました。

「子育て呑龍」と言われるようになる転機は、慶長18年(1613年)です。

徳川家康が一族の繁栄と始祖である新田義重を祀るため新田氏の本貫地である上野国太田(現・群馬県太田市)に義重山大光院新田寺(通称:大光院)を建立し、呑龍上人が開山し住職となりました。

慶長年間は、乱世の残りを引きずっている時代です。戦や天災の影響で、百姓等は子をたくさん養う事は出来ず、子が増えすぎた家では捨て子や間引き等が横行していました。そんな現状を憂いた呑龍上人は、大光院にて捨て子らを7歳になるまで弟子という名目で養育し始めました。また、考心のため国禁を犯してしまった子を幕府からの叱責を受けながらもかくまい続けるなどもしました。このような崇高な行為により民衆からは「子育て呑龍」と呼ばれ、大光院で天命を全うした後も変わらず今日まで篤い尊信を集める事となりました。

【由来の推測】

呑竜仲店の地所は、同町内にある大蓮寺のものです。 大蓮寺とは1505年に創建された浄土宗のお寺であり、祀ってあるのは弁財天です。しかし、同じ宗派であり且つ同県内で厚い信仰を集めた大光院・初代住職・呑龍上人の功徳を多くの人々に伝えたいという考えがあります。

*写真はクリックすると拡大します。

大蓮寺 大蓮寺山門 大蓮寺山門
山門に飾られた提灯 呑竜西手に位置する大蓮寺 大蓮寺山門

戦後直ぐ大蓮寺が敷地を商店及び居住場所として貸し出したのには、呑龍上人の精神があっての事でしょう。きっと、上人が助けた生活困窮者の子供と戦後の復員兵が同じに見えたのです。故にお寺の敷地に出来上がった共同店舗兼住居施設を「呑龍仲店」と名付けたのだと推考します。(1982年の火災後より呑龍を呑竜と表記を改めました。)

ちなみに、大蓮寺は本堂の左はじに呑龍上人のご本尊を祀り、毎月8日に呑龍様の縁日を行っています。昭和50年代頃までは、境内に縁日の露店が立ち、笹で出来たお守り等をお配りしていた時期もあったようです。

*写真はクリックすると拡大します。

本堂入口 呑竜上人のご本尊 呑竜上人のご本尊
本堂入口 呑竜上人のご本尊 大光院より分霊されたご本尊

呑竜雑学目次に戻る

©1983-2014 呑竜仲店協同組合 All Right Reserved
<訪問者数> 今日 昨日 合計 ホームに戻るサイトマップ